2022年8月14・15・16日は夏休みとさせて頂いております

白髪を黒髪に戻す事って可能?

こんにちは。今日は大人女性の永遠のテーマ【白髪】にフォーカスを当てて記事を書いていきたいと思います。

白髪のメカニズムを知ろう

白髪は一般的には老化現象、遺伝的現象が要因とされることが多いですが、では老化とはどういうことなのでしょう?ただ単に歳を重ねることが老化ではありません。 老化とは、「体内の細胞や遺伝子に損傷が蓄積しエラーを起こし正常に機能しなくなること」 ということは? 老化による白髪の原因は健康な黒髪を作るのに関わる細胞や遺伝子に損傷が蓄積して、正常に働かなくなっていると言えるわけです。 健康的な黒髪を作るには以下の細胞が大きく関わっています
  • メラニン色素を作り出して髪に黒色を与えるメラノサイト
  • ヘアサイクルに合わせて毛根部にメラノサイトを作り出す色素幹細胞

黒い髪の毛を作り出すメラノサイト
そもそも日本人の髪の毛が黒いのは、髪の中にメラニン色素という黒色の物質が髪の中にたっぷり入っているからです。これは裏を返すとメラニン色素が入っていない状態の髪の毛が白髪という事になります。

白髪=メラニン色素が入っていない髪の毛

そんな大切なメラニン色素は、毛穴の中にある色素細胞(メラノサイト)という細胞で作られています。

色素細胞(メラノサイト)=メラニン色素を作る細胞

なので白髪を防ぐにはこのメラノサイトを守ることが重要になってきます!
ここまでの話でわかると思いますが白髪を改善していくにはメラノサイトという細胞をいかに守っていくかが鍵となっていきます!次からは白髪予防、メラノサイトをいかにして守っていくかを書いていきますね!

メラノサイトを生み出す色素幹細胞を活発にしよう!

もう少し、メラノサイトを深掘りしていきます。 メラノサイトは毛穴の中にずっと存在しているわけではありません。髪の毛は一定の周期で生えたり抜け落ちたりしていて、それを毛周期(ヘアサイクル)と言います。 ヘアサイクルに関しては下記のブログも参考に そしてヘアサイクルに準じてメラノサイトも一度消失したり生まれたりを繰り返しているのです。  
ヘアサイクルに合わせて毛穴の中にメラノサイトを作り出してる細胞を色素幹細胞といいます。

メラノサイトを作り出してる細胞=色素幹細胞

つまり、白髪を予防したり黒髪に戻すには、このメラノサイトを作り出す色素幹細胞を守りながら、活発にさせればいいのです!
それではなぜ、メラノサイトや色素幹細胞は減少していってしまうのでしょう? 最初にお伝えした通り、その一つの要因として老化があげられますが、要因はそれだけではありません。
それでは、次は白髪の要因、白髪の進行を早める要因について書いていますね

白髪の進行を早める要因は様々、これらの対処も白髪改善には大切!

老化が進むと、メラノサイトや色素幹細胞を修復してくれる遺伝子に損傷が蓄積し、機能が低下してしまうのは先にも述べましたが、老化以外にも細胞や遺伝子に損傷を与え、エラーを起こさせれば白髪を引き起こす要因になるわけです。
事実、10代や20代という若さでも白髪に悩んでいる若白髪というものを目にしたり、聞いたことはありませんか?ということは、白髪には老化以外の要因があるということです。

白髪を引き起こす要因としては次のようなものがあげられます

  • 喫煙や紫外線による酸化ダメージ
  • ストレス
  • 寝不足
  • ホルモンバランスの崩れ
  • 栄養不足
ですので、このような要因を少しでも減らしていきつつ、メラノサイトや色素幹細胞の働きを活発にしていけば白髪は防げたり、改善することが可能なのです。   ちなみに、上にあげたのは意識的にコントロールできる要因のみで、もう一つ遺伝的要因というのも白髪には大きく関わってきます。ただ、遺伝子が原因だから白髪は改善できないはもう古い昔のおとぎ話で、最新の毛髪研究では様々な要因が見つかっており、それに対してのアプローチも確立されようとしています。次回のブログでは、このアプローチ方法について書いていきたいと思います。
最新情報をチェックしよう!
>ital hairのネット予約はこちらから

ital hairのネット予約はこちらから

詳しい料金やクーポンもご用意しております

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。